西丹沢の南側に位置する  高松山

 前日の雨も上がり、予報では晴れて気温もこの時期にしては高くなるとのこと。曇り空の中6:40に千葉を出発。東名高速に入ると青空が広がり素晴らしい一日になる予感を感じさせた。予定通り9:00に駐車場に着き、会長の指導の下、念入りに準備運動をして登山開始。尺里川沿いののどかな里山をしばらく歩き、みかん畑の中の舗装路を進む。かなりの急斜面にみかん畑を生業とする農家の苦労を話題に歩を進めると舗装路も終わり林の中の急登に入る。二度ほど休憩をとり「次のビリ堂まで45分」の看板を見る。大阪のビリケンは知ってるけど・・
と、たわいもない話をしつつ11:10にビリ堂着。観音像が二体ありその間に一本赤い実をつけた植物?マムシ草と教えてもらい早速検索すれば、なるほど茎のところがヘビ柄になっていた。260段あまりの階段を登り切るころには頭上に青空が広がり頂上が近いと思わせる。落葉の厚い絨毯の上を踏みしめ緩やかな坂を登り切り、頂上に12:00着く。頂上は広く眺望もばっちり。しばらくすると富士山の頭にあった雲は流れ、腰をおろしての昼食では、最高な眺めを堪能することができた。集合写真を撮り12:30に下山を開始。帰りは折り返しルートで、無事に全員14:30下山。きれいな富士山と、紅葉の晩秋を満喫できた楽しい一日でした。                             秋山 弘司 記

コースタイム   

高松山 山頂

高松山 山頂


  登山口(100)ビリ堂(50)山頂(30)ビリ堂(80)登山口

平成28年11月20日 参加者31名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る