2016年03月三床山

三 床 山(335m)

鹿嶋神社から、三床、二床、一床山を巡る尾根コースです。スタートの鹿嶋神社参道を進むとまもなく鳥居が見えてきます。

登山口の鹿嶋神社

登山口の鹿嶋神社

「正一位鹿嶋大明神」と記された鳥居と「猿田彦大神」の石碑がみられます。全員で山行の無事を願って参拝。登山口で尾根コースを選択します。イノシシが掘った穴も所々にあり、登り始めてまもなくヒサカキの林間コースから桧の林に代わっていきます。左側にはゴルフ場が見え、スタートから40分ほど登った頃には、本日一番のジグザグの急登が始まります。さほど長くはなく一気に登り切れます。大きな岩を左に巻くと、後に少しずつ視界が開け、これから行く縦走路と二床山と高松の2峰が見えます。そして、三角点の先に山頂標識と石祠が三つ鎮座している今回の最高点335mの三床山につきます。所々で立ちふさがる岩塊に出合うが、赤いマーキングが書かれており難なく抜けることができます。二床山と一床山の間は、岩尾根が続く変化のあるコース。補助ロープがコースの危険度の印象を上げているようです。早めの昼食を終え、15分ほどで一床山に着き、休まずに下山を続けます。ちなみに今回もっとも見晴しがいい場所です。最後に急降下となだらかな尾根道を進むと作業道に突き当たり、まもなくゴール。少しぬかるんでいる所もありましたが岩

尾根や起伏に富んだ魅力的な山行でした。                   喜多 喬 記

三床山からの急な下り

三床山からの急な下り

一床山頂上

一床山頂上

コースタイム

鹿嶋神社駐車場(60) 三床山(35) 二床山(25) 一床山(60) 西入の頭経由鹿嶋神社駐車場

平成28年3月13日  参加者26名 (内試し山行3名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る