2015年07月 金峰山

ガレ場を踏破、絶景の金峰山 取り置いた瑞牆山

7/12 6:38特急あずさ3号で千葉を出発。塩山からバス、さらに柳平からジャンボタクシーと乗継ぎ11:00大弛峠に到着。白い花が満開のナナカマドが出迎えてくれる。天候も申し分なし。11:30登山開始。シラビソや、コメツガ等が鬱蒼と茂る亜高山帯の針葉樹林の中を進む。朝日峠を経て、13:25朝日岳に到着。展望が開け、周囲の山々の大パノラマに気分も高揚してくる。やがて、ハイマツ帯に達し高山に来たことを実感した。そこここに咲くハクサンシャクナゲや、キバナシャクナゲが疲れをいやしてくれる。大きな岩を乗り越え、又乗り越え15:00金峰山に到着。五丈石をバックに記念撮影。ガレ場を慎重に通り抜け16:15金峰山小屋に到着した。

五丈岩

五丈岩

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

7/13 今日もこれ以上に無いような好天に恵まれる。全員元気で6:40山小屋を出発。千代の吹上や砂払いのガレ場を行く。間もなく広大な展望が開け、360度全周を富士山、南アルプスの峰々、八ヶ岳連峰、遠くには白い雪の筋が幾本も入った北アルプス、荒々しい山容の瑞牆山、昨日通ってきた金峰山の一面の緑のハイマツ帯等々の絶景に囲まれ、何度も歓声が上がる。足元にはコイワカガミ等の可憐な高山植物が次々と姿を見せる。8:30大日岩に到着。大日小屋を経て10:25富士見平小屋に到着した。ここは瑞牆山への登山口である。しかしながら昨晩、今回は瑞牆山登山を取りやめる旨の意思決定をした。昼食休憩後下山する。11:40瑞牆山荘前着。増富温泉で入浴後千葉への帰途に就いた。 松本 則男 記

大日岩

大日岩

コースタイム

 7/12 大弛峠登山口 (40) 朝日峠 (50) 朝日岳 (95)  金峰山 (60) 金峰山小屋

7/13 金峰山小屋 (110) 大日岩 (40) 大日小屋  (45) 富士見平小屋 (40) 瑞牆山荘前

平成27年7月12日(日)~13日(月)      参加者 21名

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る