長瀞アルプス・宝登山

    氷  池

長瀞アルプス 宝登山497m

今回は、万福寺から長瀞アルプスを歩き宝登山山頂に向かうコースです。寒いと感じることは無かったのですが、万福寺前の池には氷が張っていました。いつも通り準備体操をし、万福寺鳥居に軽く頭を下げ快晴の中スタートします。コースの大部分が私有地を通るので、マナーを守って歩いて行きます。途中周りを木々で囲まれた中に天然氷をつくっている氷池が有りました。最大の難所、毒キノコ看板前で少し休んでから、山頂までの200段余りを注意して登り、登り切った先に宝登山山頂に到着します。山頂は既に観光客で賑わっていました。近くでは宝登山神社奥宮を参拝する人々で行列が出来ていました。お参り後、ロウバイの咲き誇る木々のなかで昼食を済ませる。山頂からは、春霞でクッキリとはいきませんが秩父の山々をきれいに見る事が出来ました。午後からは、宝登山山頂駅から山麓駅まで下山します。奥宮から山頂駅の間で福寿草も咲いていました。長瀞からロープウェイを使って手軽に登れる事もあり、沢山の観光客が見かけられます。雨や雪がしばらく降っておらず埃っぽかったのですが、ロウバイや梅の季節でもあり多くのパーテイとゆっくり歩く楽しい山行でした。              喜多 喬 記

コースタイム

 万福寺(40)天狗山分岐(20)氷池分岐(30)《氷池経由》氷池分岐(40)毒キノコ看板分岐(35)宝登山山頂(10)宝登山山頂駅(50)宝登山山麓駅

平成31年2月17日 参加者 16名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る